大垣市 ヤナゲン 閉店 なぜ?






岐阜県大垣市にある「ヤナゲン」が閉店する。

昔から愛されていた百貨店だっただけに今回の閉店の発表を受けて市民は驚きを隠せないようだ。

 

近年大垣駅周辺は人通りが少なくなっており、ヤナゲンの来客数も減少してきたという。

市民は「跡地にはもっと若者が来るような店を作って欲しい」と願う。

 

最近は百貨店や大型デパートが姿を消している。

思い出の多い百貨店が閉店することは辛いことだ。






1 個のコメント

  • まぁ大して欲しいと思う物があるわけじゃないし
    あっても高いし
    駐車場も完全に無料じやないしね
    百貨店としてやっていくのならせめて駐車場は無料にしなきゃ
    若者をターゲットにするんなら
    安くて人気のあるブランドを入れなければねぇ
    市内にあるイオン、アピタ、平和堂のテナントもどんどん閉店、撤退してるし
    まぁ根本的に大垣人はドケチ集団やから難しいわな(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です