新潟 三越 閉店 なぜ?






新潟市にある三越が113年の歴史に幕を閉じる。

もともとは小林呉服屋として始めた。

その後三越として営業を始める。

 

新潟のシンボル的存在の三越だったが、近年来店客も減り売り上げが減少していたのかもしれない。

 

街の中心地はどんどん人が少なくなりシャッター街となっている。

三越がある古町も年々人が減り、ガラガラになっているという。

 

昔は肩がぶつかるほど人が居たんだけどね〜。

今は人を見ることさえ難しくなったわ。

 

と話す渡辺さん71歳

 

古町周辺の店舗もだんだん閉店していき、活気がさらになくなっていくかもしれない。