有料老人ホーム「未来倶楽部」「未来邸」が倒産(民事再生申請) 運営会社(株)未来設計




「未来倶楽部」「未来邸」という名前で有料老人ホームを運営している(株)未来設計が民事再生を申請した。

 

民事再生なので倒産ではないが、自力で再建できないことがわかり東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請をした。

(株)未来設計が運営する「未来倶楽部」「未来邸」は東京都、神奈川県、千葉県など37ヶ所の有料老人ホームを展開している。

 

「未来倶楽部」「未来邸」には約2000人のお年寄りが生活している。介護を行うスタッフは約1600人いるという。

 

「未来倶楽部」「未来邸」の評判は良い。経営破綻するような事業を行なっている訳ではない。

 

ではなぜ今回の民事再生を申請する自体になったかというと、38億円余残っているはずの一時金が12億円余しか残っていないという自体になったからだ。

 

26億円が消えてしまったのだ。

 

これは全経営者が役員報酬に当てたり運営費に当てたりしていたという。

 

一時金は入居者が退出していくときに返還しなければいけないお金だ。だから売り上げではない。入居者から一旦預かっているお金だ。

 

しかしその一時金の26億円がすでになくなってしまった。

 

こういった背景があり「未来倶楽部」「未来邸」を運営している(株)未来設計は民事再生を申請した。

 

サービスが悪くて経営状態が悪化したのではなく、内部でのゴタゴタがあって悪化したようだ。

 

「未来倶楽部」「未来邸」は今後も運営していくかは定かではないが、約2000人のお年寄りが生活しているので入居者に迷惑がかからないようにしてほしいものだ。