スーパーアサノが倒産(宮城) 民事再生はなぜ?




宮城県でスーパーを展開している「アサノ」が民事再生を申請した。

負債総額は約8億円

 

スーパーアサノは昭和44年の創業した地域密着型スーパー。

多くの人に愛されていたスーパーだ。

 

スーパーアサノは民事再生だから倒産ではない。

民事再生の許可が下りれば営業は継続される。

 

ではなぜスーパーアサノは今回の自体に至ったのか?

 

それは近辺に大型スーパーができたことによる。

最近は昔からある地域密着型のスーパーがどんどん閉店している。

関連記事
ウオエイ 燕店が閉店 なぜ?

 

イオンなどの大型スーパーやショッピングモールができていることで、地元のスーパーは客が減少している。

 

閉店の勢いは止めることができない。

 

以前は商店街にある小さな八百屋や肉屋が反映していたが、なんでも揃う地域密着型スーパーができたことで商店街の商店は閉店していった。

 

今度は地域密着型スーパーが大型スーパーやネットスーパーの勢いによって閉店に追い込まれている。

 

スーパーアサノは多くの人が利用しているスーパーだけに、再建を願う人が多い。