東京都葛飾区にある「橘湯」が閉店 なぜ?




昭和42年創業の東京都葛飾区にある「橘湯」が閉店した。

歴史があり、地元で愛されていた銭湯が閉店するということで多くの人が胸を痛めている。

 

 

 

 

 

 

橘湯は西亀有小学校の近くにある。

銭湯の壁には銭湯らしい富士の山が描かれている。この絵を見ながら癒された人々はどれほどいるのか。

 

家族の憩いの場にもなり、男同士、女同士の友情を誓う場にもなっていただろう。

橘湯に思い出がある人も多い。このような銭湯がなくなってしまうのは悲しいものだ。

 

最近はスーパー銭湯が出てきているため昔ながらの銭湯はどんどん数を減らしている。また、銭湯に行くということも減ってきているため営業継続が難しくなっているようだ。