宇都宮パルコ閉店? なぜ?




宇都宮駅の直結する「宇都宮パルコ」が2019年5月に閉店を検討しているという。

1997年に開業した宇都宮パルコ。

最盛期には100億円を売り上げるほど好調な時期があったが、近年売り上げを落としているようだ。

その理由は郊外にインターパークなどの大型ショッピングモールができたことで、宇都宮駅周辺に買い物に行く人が減少したこともある。

 

駐車料金を取られ、交通の便も悪い駅周辺にわざわざ買い物に行かなくなってしまったのだ。

 

そして世の中はインターネットショッピングが一般化されている。

 

店に足を運んでも目当ての商品がない場合がある。だったら消費者は絶対に手に入るネットショッピングで購入することが多くなっている。

 

今後は普通のショッピングセンターは閉店に追い込まれるかもしれない。

 

足を運ぶ価値があるショッピングセンターにしていかないと生き残りは難しくなるかもしれない。