レッドキャベツ 閉店 なぜ?




山口県下関で創業したレッドキャベツだが、2019年2月で山口から撤退する。

今後は福岡を中心に展開していくようだ。

 

レッドキャベツは2014年にイオン傘下に入り運営を続けてきた。しかし山口県では業績が伸びず今回の処置をとった。創業の地から撤退することはレッドキャベツにとっても心苦しい決断だったと思う。

 

レッドキャベツを利用していた住民からも惜しむ声が多くある。

 

近隣ではスーパーの閉店が相次いでおり、買い物難民が急増。とくにお年寄りが買い物することが非常に大変になっている。