サブウェイ(SUBWAY)大量閉店 4年で200店舗も 閉店理由は?




2019年に入り、サンドイッチチェーン店のサブウェイ(SUBWAY)が大量閉店した。

その理由はサブウェイ(SUBWAY)のフランチャイズであるエージー・コーポレーションが倒産したからだ。

 

サブウェイ(SUBWAY)を首都圏で20店舗展開していたエージー・コーポレーションだが、サブウェイ(SUBWAY)の売り上げが悪化し、赤字が続いていた。

負債が増え、約11億6400万円の負債を抱えてしまい、倒産に至った。そのためエージー・コーポレーションが運営していたサブウェイ(SUBWAY)が大量に閉店してしまうという結果に至った。

 

サブウェイ(SUBWAY)は日本ではなかなか受け入れられていない。

日本人はサンドイッチに愛着があまりなく、「ランチにサブウェイ(SUBWAY)に行こう!」ということにはあまりならない。

 

マクドナルドやモスバーガーには行くが、サブウェイ(SUBWAY)には行く人はなかなかいない。

 

事実、この4年で全国にあるサブウェイ(SUBWAY)は200店舗近くが閉店してしまっている。日本では流行りにくいビジネスモデルなのかもしれない。

 

サブウェイ(SUBWAY)の閉店ラッシュは続く。

 

エージー・コーポレーションは現在9店舗のサブウェイ(SUBWAY)を展開していたが、「一時閉店」となっているようだ。